betinjp.com > Legality of Bookmakers

ブックメーカーは日本で合法なの?

日本におけるブックメーカーは、かつては現代の花見のように、人々が結集して賭け事に興じる場でありました。しかし、現在ではブックメーカーは日本で合法的な活動とは言えません。それは、日本の法律が、一部の公認の競技を除いて、賭博を厳しく制限しているからです。

おすすめブックメーカー
入金額の100%最大16250円の激アツ初回入金ボーナスをもらおう!!

Sportsbet.ioに登録し、Jリーグに賭けてフリーベットを獲得しよう!

20BETは12000円までの初回入金ボーナスを提供している!

新規プレイヤー限定の初回登録ボーナス
最大100ドル分の無料ベット券(フリーベット)

【スポーツ限定】入金不要
10$のフリーベットを手に入れよう!

ピナクルは初回入金ボーナスの代わりに、業界で初めて「良いオッズで払戻しが多いこと=生涯続くボーナス」というような発想を提案していますよ。
最大200ドルまで
初回入金100%ボーナスで入金額が実質2倍に!

最大10万円ボーナス+入金から5日連続でフリーベットなどを獲得しよう!

ベットクレジットという入金額 100%最大 10,000円分の初回入金ボーナスをゲット!

もっと見せる もっと見せる

例として挙げられるのが、「刑法23条」であり、この法律は、ギャンブルに関与する者に対して、最大で5年間の懲役刑または最大で500万円の罰金を科すことができます。これは、賭け事が古代ローマの剣闘士の闘いに匹敵するほど真剣なものであることを示しています。剣闘士が敗れた場合、彼の命が奪われることもありましたが、現代の日本では賭け事に敗れた場合、自由と財産が奪われる可能性があるのです。

しかしながら、日本では公認されている競技に限り、賭け事が認められています。これには、バレーボール、競馬、競輪、オートレース、競艇などが含まれます。これらは、日本のお祭りの綿あめのように、色とりどりで魅力的なものであり、多くの人々がこれらの競技に魅了されています。

私たちが天秤を使って物の重さを測るように、ブックメーカーを利用する際には、利益とリスクを慎重に比較する必要があります。そして、日本の法律の枠内で行動することが重要です。わが国の法律は、時には古代の武士の刀のように鋭く、それに対して無防備であると、深刻な結果を招く可能性があるからです。

日本のスポーツベッティングを規制する法律は?

刑法には、賭博罪に関する規定が含まれています。 “刑法 第185条 賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。 日本国憲法 – 刑法” ブックメーカーが違法であるように見えるかもしれませんが、賭博罪をブックメーカーに適用することは困難な理由も存在します。 “賭博罪は、犯罪の性質上、『胴元(賭けの運営者)』と『客』の両者がいなければなりません。 ところが、胴元であるブックメーカーは合法なので処罰できません。胴元(ブックメーカー)を処罰できないのに、もう一方である参加者のみを処罰できるのか、という問題があるのです。”

国内において、『賭けを提供したもの』と『賭けをしたもの』の双方が揃わない限り、賭博罪は成立しないということになります。

しかし、ブックメーカーは海外で合法的に運営されており、その状況下では一方が合法であり、もう一方が違法という矛盾が生じます。つまり、双方が揃わないために罪が立証されず(賭博罪が成立しない)、摘発や逮捕、起訴の対象にはなりません。

このような事態が生じる背景には、刑法が明治40年(1907年)に制定されたことがあります。当時は、インターネットを通じて海外業者との賭けが日本国内で可能となることは想定されていなかったため、賭博罪の規定が現在の状況を考慮していないのです。

そのため、現行の法律(刑法)では、海外のブックメーカーを利用しても、摘発や逮捕、起訴の対象にはなりません。

もちろん、国内でブックメーカーを利用したことによる逮捕者は存在せず、まだ判例も存在しません。

日本のスポーツベッティングを規制する法律は?

結論から言うと、ブックメーカーに関連する逮捕者はまだ報告されていません。一方で、類似の立場にあるオンラインカジノでは、2006年に3人の逮捕者が出たという事例があります。ただし、最終的には裁判において争う姿勢を示したプレイヤーは不起訴となりました。

海外のインターネットカジノサイトで賭博行為を行ったとして、京都府警察は10日、賭博(単純賭博)の疑いで(中略)3人の容疑者を逮捕しました。府警によれば、無店舗型オンラインカジノの個人利用客が逮捕されるのは全国初のケースとされます。逮捕容疑は、2月18日から26日の間に会員制カジノサイトに接続し、カードゲームで現金約22万円を賭けたとされています。3人は容疑を認め、「海外のサイトなら大丈夫だと思った」と話しています。

この国で違法な賭博が成立するためには、賭博を提供する側(胴元)と賭博を行う側(プレイヤー)の両方が日本国内で違法な賭博行為を行った場合に限定されます。そのため、海外で合法的に運営されている企業を違法な賭博行為として処罰することは困難でした。

簡単にまとめると、海外で政府の認可を受けているブックメーカーを起訴することはできないため、まだ逮捕者は出ていません。ただし、胴元が国内に存在する場合は即座に逮捕および起訴の対象となる可能性があるため、この点には十分注意する必要があります。

今すぐベットする!

日本のスポーツベッティングを規制する法律は?

日本におけるブックメーカーは法律で厳しく制限されており、現地のブックメーカーが合法的に運営されることは許されていません。しかし、多くの日本人が国際的なブックメーカーを利用しています。これは、海を渡って異国の料理を味わうようなもので、国際的なブックメーカーは日本の賭け市場に新しい風味をもたらしています。

良いベッティングサイトを選ぶには?

国際ライセンス

日本には合法的なブックメーカーは存在しないのですが、海外には多くのブックメーカーが存在し、それらは国際的なライセンスを持っています。これらのライセンスは、世界的な名画のように、品質と信頼性の証です。最も一般的で人気のある国際ライセンスには、以下が含まれます。

  • マルタ賭博局 (MGA)
  • イギリス賭博委員会 (UKGC)
  • ジブラルタル賭博委員会 (GGC)
  • キュラソーeGaming
  • アイルオブマン賭博監督委員会

これらのライセンスを持つブックメーカーは、一流のレストランのように、サービスと品質において厳格な基準を満たしています。それゆえ、プレイヤーは安心してこれらのサイトを利用することができます。

評判

ブックメーカーサイトを選択する際に評判を考慮することは、古代の航海士が星を使って航海するのに匹敵する重要性を持っています。評判は、サイトの信頼性、サービスの質、そして顧客満足度のバロメーターとなるからです。これは、料理人が食材を選ぶ際に、新鮮さや品質を吟味するのと同じくらい重要です。

良い評判を持つブックメーカーサイトは、歴史の教科書のように、過去の実績と信頼性が詰まっています。これにより、プレイヤーは安心して取引を行うことができます。一方で、評判が悪いサイトは、地雷のように危険であり、関与すると損失や不満が生じる可能性が高いです。

したがって、ブックメーカーを選ぶ際は、ユーザーレビューや専門家の意見を参考にし、その評判を慎重に検討することが重要です。これは、美術館を訪れる際に、名高い芸術作品を選んで鑑賞するようなもので、選択の質が体験の質に大きな影響を及ぼします。

お勧めのベッティング・サイト

我々は、日本のプレイヤーを歓迎する最高の国際的なベッティングサイトを推薦します。これらのサイトは、茶道の達人が一杯の抹茶を淹れるように、洗練された技術とサービスを提供しています。信頼性、利便性、および多様なベッティングオプションを備えており、これらは日本の古代の武士の刀のように鋭く、かつ優雅です。これらのサイトを利用することで、プレイヤーは世界中のスポーツに賭けることができ、まるで異国の地を訪れるような刺激的な経験を味わうことができます。

betway 日本 違法

項目情報
ライセンスマルタ賭博局 (MGA)、イギリス賭博委員会 (UKGC)
利用可能なベッティングタイプマネーライン、ポイントスプレッド、オーバー/アンダー、フューチャーズ、プロップベット、ライブベッティング
評判良い

Betwayは、世界中のプレイヤーに広く知られており、高い評価を受けています。このサイトは、まるで寿司職人が長年の経験を持って握る寿司のように、高品質のサービスを提供しています。そのライセンスは、賭けの世界における名高いものであり、多くのベッティングオプションを提供しているため、Betwayは多くのプレイヤーにとって魅力的な選択肢となっています。

betwayの公式サイトはこちら>>>

beebet カジノ 違法

項目情報
ライセンスキュラソーeGaming
利用可能なベッティングタイプスロット、テーブルゲーム、ライブカジノ、スポーツベッティング
評判不明

Beebetは、オンラインカジノとスポーツベッティングを提供しているサイトです。そのライセンスはキュラソーeGamingによって付与されており、多様なベッティングオプションを提供しています。しかし、Beebetの評判については不明確であり、まるで古い地図に描かれた未知の領域のようです。そのため、プレイヤーは慎重になり、詳細な情報を収集してから、このサイトを利用するかどうかを検討することが重要です。

beebetの公式サイトはこちら>>>

bet365 違法

項目情報
ライセンスイギリス賭博委員会 (UKGC)、ジブラルタル賭博委員会 (GGC)
利用可能なベッティングタイプマネーライン、ポイントスプレッド、オーバー/アンダー、フューチャーズ、プロップベット、ライブベッティング、パーレイ、ティザー
評判非常に良い

Bet365は、世界中で非常に評価されているオンラインベッティングサイトです。このサイトは、まるで名匠が手掛けた古典絵画のように、長年にわたって高い評価を維持しています。イギリス賭博委員会とジブラルタル賭博委員会の両方からライセンスを取得しており、これはまるで料理がミシュラン星を二つ持っているかのようなものです。Bet365 は、幅広いベッティング オプション、優れた顧客サービス、豊富なボーナスで知られており、多くのベッターにとって信頼できる選択肢となっています。

bet365の公式サイトはこちら>>>

ggbet 日本

項目情報
ライセンスキュラソーeGaming
利用可能なベッティングタイプスポーツベッティング、eスポーツ、カジノゲーム
評判良い

GGBetは、eスポーツベッティングを中心にサービスを提供しているサイトで、これはまるで将棋の達人が戦略を練るかのように、プレイヤーが異なるタイプのベットを検討する場です。キュラソーeGamingによってライセンスされており、eスポーツをはじめ、さまざまなスポーツやカジノゲームにベットすることができます。GGBetの評判は一般的に良く、これはまるで一流の寿司職人が提供する寿司が評価されるのと同じです。プレイヤーたちは、そのサービスとベッティングオプションの多様性を高く評価しています。

ggbetの公式サイトはこちら>>>

sportsbet.io 違法

項目情報
ライセンスキュラソーeGaming
利用可能なベッティングタイプスポーツベッティング、カジノゲーム、eスポーツ、バーチャルスポーツ
評判非常に良い

Sportsbet.ioは、その多様性と革新性で知られているオンラインベッティングプラットフォームです。これはまるで、日本の茶の文化が多様で豊かであるのと同じように、プレイヤーに多くの選択肢を提供しています。キュラソーeGamingからライセンスを受けており、クリプトカレンシーを使用したベッティングも提供しているため、これはまるで時代の最先端を行く侍のようなものです。Sportsbet.ioは広範なベッティングオプションとボーナスを提供し、そのサービスは世界中のプレイヤーに非常に高く評価されています。

sportsbet.ioの公式サイトはこちら>>>

ウィリアムヒル 違法

項目情報
ライセンスイギリス賭博委員会 (UKGC)、ジブラルタル賭博委員会 (GGC)
利用可能なベッティングタイプスポーツベッティング、カジノゲーム、ポーカー、ビンゴ、ライブベッティング
評判非常に良い

ウィリアムヒルは、まるで伝説の武士のように、オンラインギャンブル業界で長い歴史と卓越した評判を持っています。イギリス賭博委員会とジブラルタル賭博委員会の両方からライセンスを取得しており、これはまるで将棋の達人が二つの大会で優勝したかのようなものです。ウィリアムヒルは、広範なスポーツベッティングオプション、カジノゲーム、ポーカー、ビンゴなどを提供しており、まるで祭りの屋台のように多彩です。世界中のプレイヤーにとって、ウィリアムヒルは信頼性とサービスの質で非常に高く評価されています。

ウィリアムヒルの公式サイトはこちら>>>

おすすめブックメーカー